販促品とは

企業が自社の商品を販売したいとき、ただ単に商品の説明だけで商品の購買意欲を高める事が難しくなっています。
その背景には不景気で家計の出費に敏感になり財布の紐が堅くなっています。
その財布のひもを緩くする一つのきっかけとなるのが販促物です。

販促物は商品の購買意欲を高める為の物として使用されます。
商品と関連性のあるものが選ばれますが、お客様目線で欲しいと思うものでなければ意味がありません。
販促物を商品の購入につなげたいがために、販売側目線で商品アピールが強い物を選んでしまいがちです。
それではお客様にとっては特別感や購買意欲にはつながりません。
そのためお客様目線で欲しいと思うものを選ばなければいけません。
そのためには実際に客様と接している現場の意見や市場をマーケティングした結果に基づき根拠のあるものを選ばなければいけません。
しかしそれだけを優先していると販促物のコストが高くなる為、経営者としてはコストをなるべく抑えた上で魅力的なものを選ぶことが大事になります。

そこでお客様に喜ばれる販促品とはどのようなものを指すのでしょうか。
販促物もジャンルによって様々です。
食品関係と物品関係に大きく分かれますが、希少価値が高いものと日常で頻繁に使用する手軽なものまで幅広くあります。
販売したい商品に対して何が適しているのか議論しながら、選ぶ必要があります。
販促物も最終的に販売したい商品に関係性のあるものを選ぶ場合もあれば、来店目的であれば全く関係がないものでも販促物として使用する事ができます。
ここではどのようなものが販促物として活用されているのか紹介していきます。